ハルヒ スロット ポイント

ハルヒ スロット ポイント

「……ここまでやる気を感じない相手は初めてね

戦う気もないのかい?」「照らすだけで死ぬ相手を、わざわざ手足を痛めて叩くなんて愚かしいだけだよ

あなたも好きかも:セキュリティ スロット と は
それにこれは種蒔きなんだ」「種蒔き?」「村一つが消えた

あなたも好きかも:g1 スロット 馬 期待値
そんな情報だけじゃ、僕の存在が正しく伝わらない

僕という恐怖で君達の脳髄を蝕ませるには、どんなに手間でも丁寧に理解させる必要があるんだ」 オーファローはゆっくりとしゃがみ、地面へと手を滑り込ませる

そして両手で掬った溶けた土をこちら側の空中へと放った

 私とマーヤは後方へと跳び、降ってくる土を回避する

地面へと落下した土は新鮮な空気を吸い、炎を巻き上げながら燃え出した

「泥遊びに付き合う暇はないわよ」「……僕はあまり魔法が得意じゃないんだ

せいぜい水飛沫を飛ばしたりして、相手を濡らしたりとか、そんな程度だ

でもそれで十分」「――っ!?」 オーファローの足元の土の海が飛沫を上げて周囲へと飛び散る

先程オーファローが手で掬い投げた量とは規模が違う

こちらがどれほど素早く動いたとして、あの飛沫の隙間を縫って回避することは難しい

 だが回避できないのであれば、撃ち落とせば良いだけのこと

『轟く右脚』を空気へと叩き込み、襲いかかる飛沫を風圧で弾き返す

マーヤも同じ判断をしたのか、風魔法を使って攻撃の軌道を逸した