コスタディアデマ カジノ

コスタディアデマ カジノ

登った階数が実力のステータスにもなり得るだろう

そして十数階層……具体的にはおそらく二十手前くらいの階層、そこで公也たちにはこの大陸における初めての人間とのコンタクトが行われる

なお人種という点では獣人とコンタクトがあるし、この大陸出身の存在ではあるが一応パラディアムの民も人間であるため人間に合っていないわけではないが、やはりこの大陸に住んでいる相手、という点では初めてだ

あなたも好きかも:スロット ビビッドレッドオペレーション リセット
「お?」「む……です」「……人間、ですか?」「誰だ?」「……獣人」「獣人を連れた……冒険者か?」「……女性の獣人が二人、ね」「………………」 五人の冒険者が階段を占拠するかのように屯している

あなたも好きかも:東 大阪 パチンコ 優良 店
公也たちが来た階層の魔法生物は倒されていた……だから恐らくはここで休んでいた、ということなのだろうか

あなたも好きかも:サムライ スピリッツ パチンコ
それ以下の階層は普通にいたのでいつ倒したのか、いつ復活するのかは微妙にわからないが、彼らに聞けばちょっとは分かるかもしれない

「君たちは……誰だ?」「いや、それは俺たちのセリフだよ……なんでこんなところに?」「それはこちらも聞きたいことだが……俺たちは単純に遠くに大きな塔があるから来てみただけだ」「はあ? ここ有名だろ……魔物が各階層にいて、それを倒して名をあげにきたんじゃないのか?」「…………特にそういうつもりはないが

しかし有名なのか」「知らねーのかよ……」「っていうか、獣人連れてる冒険者って聞いたことあるっけ?」「ないない

つうか普通は獣人なんて連れ歩かないよ」「…………獣人は人間より強いこともあるし、その特徴ゆえに人間じゃできないこともできることがあるからないわけじゃないだろう」「はっ

獣人って時点で選択肢には上がらねえよ」「言い過ぎだろ……ま、俺も獣人は別に選ばねえけど

面倒になるだけだしな」 獣人に対する扱いはそれぞれでどうにも違う

獣人というだけでまるで虫を見るかのような、あるいは嫌悪するかのような目を向けてくる者もいれば、一方で可哀そうなものを見るような目で見てくる者、警戒するように様子を見るもの、なぜか公也の方を敵視するような目で見てくる者もいる